So-net無料ブログ作成
検索選択

ムダ毛処理の効果的な脱毛方法をまとめて紹介!

ムダ毛処理の効果的な脱毛方法をまとめて紹介します。

 

�J�e�S���[�FIライン 脱毛

Iライン 脱毛 ブログトップ

Iラインの脱毛方法 クリニックやサロンで脱毛する際の注意点 [Iライン 脱毛]

クリニックやサロンでIラインの脱毛を行う場合は、
生理中や日焼け後、風邪などをひいて免疫力が
弱くなっているときは避けてください。

oraindatumou1.png


Iラインはただでさえデリケートな部分なので、
余計に施術中の痛みがひどく感じられたり、また、
施術前に行う自己処理で肌にトラブルが起こりやすくなります。


サロンでの光脱毛はクリニックのレーザー脱毛より
出力が弱い分痛みも軽いですが、メラニンが濃いところには
強く反応するため、ゴムで弾かれる程度の痛みはあります。


痛みに関しては、個人差があるため、
気になるようならスタッフの方と相談しながら
出力をコントロールしてもらうことをオススメします。


レーザー脱毛は一般的に光脱毛よりは痛みがあると言われていますが、
クリニックなので麻酔クリームを事前に塗ってから施術することができます。


また、


アフターケアが心配な場合には医師に
直接相談できるというメリットもあります。


サロンにするかクリニックにするか選ぶのは個人の選択ですが、
Iラインは、身体の中でも特にデリケートな部位であるため、
価格や通いやすさだけでなく、脱毛機器やその効果、痛みやアフターケアなど、
すべての面をしっかり検討した上で決めたほうがいいです。


ハイジーナでない場合はデザインも大切になるので、
カウンセリングを丁寧に行ってくれるかどうかも
しっかりチェックすることをオススメします。



<関連記事>

気になるムダ毛の処理と脱毛方法のすべて!

センスエピの脱毛効果を口コミから検証!


















Iラインの脱毛方法 自己処理の方法と注意点とは? [Iライン 脱毛]

Iラインを自己処理する場合は、
まずお風呂で清潔にした後の脱毛がお薦めです。

oraindatumou1.png


実際に自己処理する場合は、電気シェーバーがお薦めです!


なぜなら、


電気シェーバーは肌に直接刃をあてないので、
デリケートな部分の徐毛に向いています。


長い毛は予めヒートカッターで短くしてからシェービングすると、
毛を巻き込むなどのトラブルを回避することができます。


電気シェーバーを使用する場合、シェービングをすると
角質層を削ってしまう可能性が高いため、剃る前に
ワセリンなどで肌を保護することを忘れずに。

その後、蒸しタオルなどで処理する毛をやわらかくし、
電気シェーバーをあてていきます。


処理後にもう一度ワセリンを塗り、肌をしっかり
ケアすることも忘れないようにしてください。

電気シェーバーについてもっと詳しく知りたい方は
こちらの記事を参考にしてくださいね!
↓↓↓
http://bikinilinecare.seesaa.net/article/449218632.html



徐毛クリームなどを使う場合は、
デリケートゾーンにつかないよう気をつけてください。

また、

ワックス脱毛は剥がす際の刺激が強いので、
肌が弱い人は避けたほうが無難です。


家庭用光脱毛器を使う場合も、
粘膜部分には照射しないように十分注意しながら
脱毛を行って下さい。



<関連記事>

気になるムダ毛の処理と脱毛方法のすべて!

センスエピの脱毛効果を口コミから検証!


























Iラインの脱毛方法  Iライン脱毛とそのメリットとは? [Iライン 脱毛]

Iラインとは股関節の内側にあるラインで、
デリケートゾーンと粘膜にとても近い部位です。

oraindatumou1.png


Iライン脱毛はVライン(ビキニライン)を脱毛する際に
一緒に脱毛される方が多いようです。


Iラインは、Vラインよりも自分の目で確認しづらく、
粘膜のあるデリケートゾーンにも近いため、
自分で脱毛する場合は注意が必要です。


Iラインを脱毛する場合、よくある質問で
「Iラインはどこまで脱毛していいの?」
というものがあります。


ハイジーナという全脱毛もあるくらいなので、
全脱毛もできますが、自己処理の場合は
粘膜の部分までは脱毛しない方がいいです。

と言うのも、

粘膜部分になると角質層が薄く、よりデリケートなため、
処理方法を間違えると肌トラブルを起こしやすくなるからです。


Iライン脱毛はデリケートな部位なため慎重な脱毛が必要ですが
Iラインの毛を脱毛することでTバックの下着や水着を楽しめるだけでなく、
月経時の蒸れやかぶれを防ぐこともできるというメリットがあります。




<関連記事>

気になるムダ毛の処理と脱毛方法のすべて!

センスエピの脱毛効果を口コミから検証!


























センスエピXでIラインを脱毛できるの?実際に調べてみました! [Iライン 脱毛]

センスエピXはコンパクトでありながら
30万発という高性能の家庭用脱毛器です。

そのため、

エステやサロンに行くお金や時間がない方にとって
評判の脱毛器です。

さらに、

ハイジーナ脱毛と言われている
VIOラインの脱毛目的で購入している方もいます。

エステやサロンでVIOラインの脱毛は
恥ずかしいという方にとっては
センスエピXで脱毛できたら嬉しいですよね?

では、

本当にセンスエピXでIラインが脱毛できるのでしょうか?

実際に体験した方の声やセンスエピX公式サイトなど
色々調べてみました。

まず、

センスエピXの公式サイトに下記のような注意事項があります。

>>センスエピXの公式サイトはこちら!>>




下記のような部位には使用しないでください。
●甲状腺ホルモンの問題を引き起こす恐れのある首への照射。
●整形手術をした部位。
●ニキビや吹き出物で炎症を起こしている部位。
●かゆみやほてりや物理的刺激などによるシミのある部位、傷口。
●ケミカルピーリング、レーザーピーリング等の施術を受けた直後の部位。
●タトゥー(刺青)とその周辺には使用しないでください。タトゥーを施した部位は光を吸収しすぎるため火傷や水ぶくれを引き起こす恐れがあります。
●耳や乳頭、乳輪(乳頭近くの暗褐色部)、陰茎、陰嚢(男性生殖器)、大陰唇、小陰唇(女性生殖器)、肛門には本製品を使用しないでください。
これらの部位は他の部位と比べて肌の色が暗くなっています。本製品を使用すると火傷や水ぶくれ、瘢痕や肌色の変化や感染症などを引き起こす恐れがあります。





これらの中で、

「耳や乳頭、乳輪(乳頭近くの暗褐色部)、陰茎、陰嚢(男性生殖器)、
大陰唇、小陰唇(女性生殖器)、肛門には本製品を使用しないでください。」

とあります。

つまり、

Iライン、Oラインには使用できないようです。

ブログなどでセンスエピを使ってiライン、
oラインの脱毛をできるという記事も見かけます。

こうした記事を見た限りではiライン、oラインにも使えそうですが、
万一皮膚にトラブルが起こった場合すべて
自己責任になりますので注意しましょう。


Vラインだけでなくiライン、oラインも
脱毛したいという場合は脱毛サロンやエステで
施術を受けたほうが安全だと考えたほうがよさそうですね。



>>センスエピXについてもっと見てみる!>>
















Iライン 脱毛 ブログトップ