So-net無料ブログ作成
検索選択

ムダ毛処理の効果的な脱毛方法をまとめて紹介!

ムダ毛処理の効果的な脱毛方法をまとめて紹介します。

 

�J�e�S���[�FVライン 脱毛

Vライン 脱毛 ブログトップ

【銀座カラーで脱毛】Vライン(上部)脱毛のきっかけとは? [Vライン 脱毛]

Vラインの脱毛って、意外な時に気になる部位ですよね?


「エッ?どうしよう?」と思って気が付いたとき
すでに手遅れ・・・・


とならないために、
今のうちから考えておいた方がいいかもしれません。


周りでは、どんな時にVライン、特に上部の脱毛をしようと
思ったのか銀座カラーで紹介されているので簡単に紹介します。





一番多かったのが・・・

「温泉旅行」

温泉でみんなでお風呂に入るとき

「周りのみんなはきちんとケアしているのに、自分だけ…!?」

なんていう状況になる場合があるので
温泉旅行の予定のある方は早めに準備した方がいいですよ。


その他旅行繋がりで
「海外旅行」も多いようです。


ビーチで遊ぶ場合にも
Vラインの脱毛は重要ですね。


以外だったのがVライン(上部)の脱毛って
難しいって考えている人も多いこと。


私的にはVライン脱毛は当たり前だと思っていましたが
まだまだVライン脱毛って抵抗がある人が多いようです。


自分でVライン脱毛に抵抗がある方は、プロに任せた方が
肌のトラブルもなく安心できますよ。


Vライン(上部)の脱毛なら家庭用脱毛器でも十分脱毛できますが
デリケートな部位だけに肌トラブルの可能性があります。

また、

なかなかVラインって、やったことがある方は分かると思いますが、
思い通りに脱毛できないことも確かです。


どうせ脱毛するなら、
肌に負担をかけることなく綺麗に脱毛したいものです。


家庭用脱毛器で脱毛してもいいのですが、
自分で脱毛しにくいVライン脱毛だけを
銀座カラーで脱毛する方法もありだと思いますよ。


⇒銀座カラーのVライン脱毛の詳細はこちら!























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

【銀座カラーで脱毛】Vライン脱毛のよくある質問・疑問とは? [Vライン 脱毛]

銀座カラーでVラインを脱毛しようかどうか悩んでいる方のために
参考になるよくある質問がありましたので、まとめて紹介します。


bikinirain.jpg


Q:脱毛できない時期はありますか?

A:生理中は施術をお断りしております。


Q:どのように施術しますか?

A:専用ショーツにはき替えていただきまして施術となります。


Q:自己処理との違いはなんですか?

A:Vラインは非常にデリケートな為、自己処理は非常に危険です。
  肌を傷つけることもありますし、色素沈着を起こし黒ずみが
  起こる可能性もあります。



Vライン脱毛ならセンスエピXのような家庭用脱毛器でも
ある程度脱毛できます。

しかし、

自分できれいに脱毛するにはなかなか大変なので
銀座カラーでVラインだけ脱毛することも可能です。

Vラインのようなデリケートな部分の脱毛は
プロに任せた方が安心ですね!


⇒銀座カラーのVライン脱毛の詳細はこちら!



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

【銀座カラーで脱毛】Vライン脱毛ってどんな感じなの? [Vライン 脱毛]

海やプールに行くようになったり、
夏のファッションをおしゃれに着こなすには
やっぱりムダ毛処理はとっても重要です。

mudageshori.jpg


水着を着たくてもVラインから
毛がはみ出すなんてとっても耐えきれませんよね?


そこで、Vラインをきれいに脱毛するために
脱毛サロンに通う方が増えています。

kaisoridatumou.jpg


いざ、銀座カラーでVラインを脱毛したいと思っても
どんな感じで脱毛するのか気になると思います。


そこで、


具体的に銀座カラーのVライン脱毛についてまとめてみました。


銀座カラーのVライン(上部)の脱毛は、
デリケートゾーン上部の
下2cmの範囲を照射します。


Vラインの脱毛といってもどのような形に脱毛するのかも大切です。


自然な形が一番人気ですが、
サロンでは三角形や長方形など要望があれば
希望の形に整えることができます。


また、


銀座カラーではVラインだけでなく
VIOセットで脱毛できるプランがあります。


実際の銀座カラーでのVライン脱毛の流れ

1、Vライン脱毛の前に、事前にフェイス用シェーバーで自己処理が必要です。

2、受付カウンセリングでお客さんの悩みを聞き肌の状態を確認します。

3、次に施術準備専用のワンピースに着替え、Vライン脱毛を開始。
  照射後は、オプションで美肌潤美の保湿ケアを行います。


以上がVライン脱毛の簡単な流れになります。

銀座カラーでは、実際にVライン脱毛した方の
口コミが見れるので、実際にどうなのか気になる方は
一度チェックしてみると参考になりますよ!

⇒銀座カラーの口コミを見てみる!


脱毛サロンの中でも銀座カラーでは
部位別脱毛の口コミが見れるのがいいです。

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

【銀座カラー口コミ】Vラインを脱毛した方の口コミまとめ [Vライン 脱毛]

脱毛サロンの中でも銀座カラーでは
部位別脱毛の口コミが見れるのがいいです。





実際に、脱毛サロンで脱毛したい場合、
本当に、このサロンでいいのかどうか悩むと思います。


銀座カラーの場合は部位別に口コミが紹介されているので
口コミを読むだけれもこれから脱毛する方にとって
とっても便利が情報が得られます。


今回は、女性に人気のVライン脱毛について
口コミをいくつか紹介します。

なお口コミは一部抜粋して紹介しています。


【口コミ ここから】


20代看護師

小さい頃から肌が弱く、季節の変わり目や
湿度の変化で肌が痒くなります。
VIOラインも例外ではなく、
梅雨時期は蒸れて痒くてたまりません。
でも人前で容易に手でかける場所ではないので、
本当に困ってました。
毛深い方なのでVラインの毛も結構濃いのが
原因の1つでもあるのかも?と、
思い切ってVIO脱毛に挑戦しました。
肌が弱いので大丈夫かな?と心配していましたが、
保湿ケアの効果からか、施術後も痒みやかぶれも出ませんでしたし、
黒い太い毛が1,2週間後にポロッと
とれるのがたまらなく気持ちよいです。
勇気を出してVIO脱毛して良かったです。



10代女性

今まであまり気にしたことはありませんでしたが、
大学のサークルで海に行った時、サークル内の女の子達の
脱毛ケア率の高さに驚きました!
みんなVラインの脱毛もしっかりしていて、
ビキニもキレイに着こなしていて…。
帰ってきてからすぐに友達に勧められた
銀座カラーへカウンセリングの予約をしました。
初めて脱毛する時はどれだけ痛いのだろう…とびくびくしていましたが、
実際は大して痛くもなかったです。
でも、やっぱりちょっと恥ずかしかったかな…(笑)



20代アパレル

元々あまり毛深い方でも無いし、
Vラインなどは自分以外の人に
処理を頼むのも気恥ずかしい事もあり、
その都度自分で処理すればいいや…とやり過ごしてました。
しかし仕事やプライベートが忙しくなってきて
ゆっくり処理する時間も持てず、さすがにこのままでは…と一念発起。
それでも初めての事だし、恥ずかしさや痛かったら?など不安ばかり。。。
でもスタッフの皆さんが親身になって話を聞いてくれたので、
リラックスした状態で施術を受ける事が出来ました。
デリケートな部分ですし少し躊躇してましたが、
自分で処理をするより衛生的で安心感があるように思いました。



20代営業

友達が銀座カラーさんでVライン脱毛をして、
すごくよかったと勧められたので利用しました。
Vラインなんてそんな露出するような場所じゃないし、
エステティシャンの人に見られるのも恥ずかしいな…
と乗り気じゃなかったんですが、彼氏ができたので
そうも言っていられなくなりました、ピーンチ(笑)
最初は少し緊張しましたが、友達から聞いたとおり
店内がとてもおしゃれで、スタッフもみなさん気さくで
話しやすかったので安心できました。
施術について説明もしっかりしてくれて、
あっというまに終わったので、
恥ずかしさを感じるヒマもありませんでした。
予想より痛みも少なかったし、保湿ケアのミストシャワーが
気持ちよくて大好きになりました。
Vラインはなかなか自分ではお手入れできない部分だし、
彼氏に喜んでもらえたのが何よりうれしいです!



【口コミ ここまで】


銀座カラーでVラインを脱毛した方の
口コミを紹介しました。

もっと詳しく口コミを見てみたい方は
こちらをクリックするとまとめて見れますよ!


⇒銀座カラーの口コミを見てみる!
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛の処理の仕方ってどうなの? [Vライン 脱毛]

Vライン(ビキニライン)の脱毛の方法は、大きく分けると
自分で行うか、エステに行くかの方法になります。

それぞれに、メリット、デメリットがあり、
自分の生活スタイルで選ぶ方法が変わってきます。

ここでは、

簡単に「自己処理の方法」「エステに行く方法」を紹介します。


<自分で行う方法>


「Vラインは人に見られたくない」という方は
自分で行った方がいいですね。

でも、気を付けなければならないのは
Vラインはデリケートゾーンですので
肌を傷つけないように注意しなければいけません。

自分で行う脱毛方法として多いのが「毛抜き」ですが、
毛抜きの場合は皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛のトラブルがあったり、
「カミソリ」の場合は皮膚への摩擦で色素沈着の恐れがあることを心得てください。


毛抜きやカミソリは一時的な応急処置的な脱毛なので、
すぐにまた生えてきますし、何度処理しても
毛が薄くなるなどの効果もありません。

肌のトラブルの心配があるので、
自分でVラインを脱毛するのであれば、

毛抜きやカミソリより、
家庭用脱毛器のほうがおすすめです。


家庭用脱毛器と言ってもレーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器など
色々ありますが、フラッシュ脱毛のセンスエピX
ケノンなどが効果が高いようです。




ただし、

家庭用脱毛器は一般の方でも扱えるよう、
とても低い出力しか出すことができません。

最近になって、センスエピXは
30万発照射可能という高機能の脱毛器が
販売されていますが、やはり、高い脱毛効果と
見た目の綺麗さを求めるのであればエステの方がいいです。



<クリニックやエステサロン>


アンダーヘアは人に見られるのは恥ずかしいけど
どうせ脱毛するなら綺麗に確実に脱毛したい方は
専門家の手に任せた方が安心です。


その場合、医療レーザー脱毛、
光脱毛ワックス脱毛などがあります。


医療レーザー脱毛は料金が高いですが、永久脱毛ができます。

レーザーを肌に照射して毛根部分を熱処理し、
毛を生えてこなくさせます。

脱毛回数は、1年に6回ほどです。

エステサロンでの脱毛は、IPL脱毛
フラッシュ脱毛S.S.C脱毛などの光脱毛が主流です。


光脱毛は永久脱毛と立証されていませんが、
その効果に満足している人がほとんどです。

脱毛回数は、1~2年に6~12回ほどです。


ワックス脱毛は大変安い料金で一時的に脱毛ができます。

この脱毛は毛抜きと変わらないので、
直前にどうしても脱毛したい場合などには有効です。




Vラインの脱毛方法を紹介しました!

一口に脱毛といっても種類は様々で
部位によっても脱毛方法がかわります。

脱毛は、1回で終わりではなく、
継続して行うものなので、
自分が続けてできる方法を選ぶのが大切です。

お金や時間の問題もありますが、
いやいや脱毛していては、長くは続きませんよね?

今は、エステやクリニックに行かなくても
家庭でそれなりに脱毛できる高性能の脱毛器が発売されています。

先ほども紹介しましたが、

家庭用光脱毛器で有名なセンスエピXは
カートリッジ交換不要、脱毛前のジェルやクリームも不要、
さらに、30万発照射可能という性能をもっています。

手や足のムダ毛や手の甲のムダ毛処理も
簡単にできるので重宝しますよ。

⇒センスエピXについてもっと詳しく見てみる!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛の特徴って?脱毛の形、処理の仕方を解説します! [Vライン 脱毛]

「アンダーヘアの脱毛」と聞いて
思い浮かぶのが、「Vラインの脱毛」と思います。


Vラインのことをビキニラインともいいますが、
誰もが一度は脱毛の経験があると思います。


「IラインやOラインの脱毛は抵抗があるけれど、
Vラインだったら大丈夫かも...」

という方が多いです。


そもそも、

Vラインは何の為に脱毛をするのでしょうか?


きっかけは、夏、水着を着るとき

はたと気が付いて、慌てて処理するケースがあります。


水着を着るケース以外でも、ショーツの上や
両サイドから毛がはみ出て恥ずかしいという人が脱毛しています。


脱毛を繰り返し行うと、毛が細くなるため
アンダーヘアがタワシのような剛毛が嫌で
柔らかくするために脱毛する人もいます。


Vラインの脱毛は、ツルツルにしたい人よりも、
はみ出る部分を脱毛する、毛を柔らかくする、
ボリュームを押さえる、といった目的で脱毛する人が圧倒的に多いです。


では、どのような形にVラインを脱毛すればいいのか?


ただ、毛の量を少なくするだけでは
美しいとは言えません。


ヘアスタイルと同様に、
Vラインの脱毛も基本的なスタイルがあります。


3つの基本スタイルは、

1、逆三角形(トライアングル型)

2、タマゴ型

3、長方形(I型)


どうやってVラインを脱毛するの?


脱毛の方法は、大きく分けると
自分で行うか、エステに行くかの方法になります。


<自分で行う方法>


「Vラインは人に見られたくない」という方は
自分で行った方がいいですね。

でも、気を付けなければならないのは
Vラインはデリケートゾーンですので
肌を傷つけないように注意しなければいけません。

自分で行う脱毛方法として多いのが「毛抜き」ですが、
毛抜きの場合は皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛のトラブルがあったり、
「カミソリ」の場合は皮膚への摩擦で色素沈着の恐れがあることを心得てください。


毛抜きやカミソリは一時的な応急処置的な脱毛なので、
すぐにまた生えてきますし、何度処理しても
毛が薄くなるなどの効果もありません。

肌のトラブルの心配があるので、
自分でVラインを脱毛するのであれば、

毛抜きやカミソリより、
家庭用脱毛器のほうがおすすめです。


家庭用脱毛器と言ってもレーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器など
色々ありますが、フラッシュ脱毛のセンスエピX
ケノンなどが効果が高いようです。




ただし、

家庭用脱毛器は一般の方でも扱えるよう、
とても低い出力しか出すことができません。

最近になって、センスエピXは
30万発照射可能という高機能の脱毛器が
販売されていますが、やはり、高い脱毛効果と
見た目の綺麗さを求めるのであればエステの方がいいです。



<クリニックやエステサロン>


アンダーヘアは人に見られるのは恥ずかしいけど
どうせ脱毛するなら綺麗に確実に脱毛したい方は
専門家の手に任せた方が安心です。


その場合、医療レーザー脱毛、
光脱毛ワックス脱毛などがあります。


医療レーザー脱毛は料金が高いですが、永久脱毛ができます。

レーザーを肌に照射して毛根部分を熱処理し、
毛を生えてこなくさせます。

脱毛回数は、1年に6回ほどです。

エステサロンでの脱毛は、IPL脱毛
フラッシュ脱毛S.S.C脱毛などの光脱毛が主流です。


光脱毛は永久脱毛と立証されていませんが、
その効果に満足している人がほとんどです。

脱毛回数は、1~2年に6~12回ほどです。


ワックス脱毛は大変安い料金で一時的に脱毛ができます。

この脱毛は毛抜きと変わらないので、
直前にどうしても脱毛したい場合などには有効です。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vラインのおすすめ脱毛方法とは? [Vライン 脱毛]

ある時、なにげなくVラインの毛が
パンツからはみ出ているのを見るとショックを受けますよね?


下着になる時や水着になる場面では
必ず処理しないといけませんよね。


彼とのデートの時は特にVラインは要チェックですね。


Vラインは自己処理や脱毛している方がとても多いので、
未処理の状態を見る機会がないのです。


そのため、


「こんな剛毛で毛深いのは私だけなのか?」

と思ってしまいます。


しかし、


本来はVラインをはじめ、アンダーヘアが毛深い女性は
思っているよりも全然多いのです。


他の部位は毛深くないのにアンダーヘアだけ
毛深いという女性もけっこういます。



<Vラインの脱毛方法>


Vラインの自己処理は範囲が広ければ
狭くして長さを整えるという流れになります。


剛毛で毛深いVラインは自己処理の頻度が多く、
肌の負担も大きいので、気を付けないと
肌荒れを引き起こす原因になります。


以下にVラインの脱毛方法をいくつか紹介します。


<脱毛法その1、毛抜き>


Vラインの脱毛を毛抜きで行うことは
おすすめできません。


毛抜きは痛いですし、うまくいったとしても最初だけで
埋没毛になり、肌がブツブツに荒れてしまいます。


毛が太く剛毛な場合はなおさらです。


<脱毛法その2、脱毛クリーム(除毛クリーム)>


毛抜き同様、脱毛クリーム(除毛クリーム)もおすすめできません。


カミソリで肌を傷つけるリスクは少ないのでいいのですが、
除毛クリームは今、生えている毛を溶かすだけなので、
また生えてきますし、生えてくる毛が薄くなることもありません。


なにより、


刺激の強い薬剤なので痒みが出てきたり、
肌が荒れてしまう可能性があります。



<脱毛法その3、ワックス脱毛>


テープを貼って一気に毛を抜くという感じです。
短時間でできるので人気があるようですが、
この方法もおすすめできません。


毛抜きと同様に埋没毛になることがありますし
肌が荒れてしまうことがあります。


アメリカで人気があり一般的ですが、
専門のサロンでのワックス脱毛が一般的であって、
自宅で手軽にできるワックス脱毛とは違います。



<脱毛法その4、カミソリ>


カミソリによるVライン処理はお薦めできません。


カミソリは角質層を傷つけ、かみそり負けになったり
細菌が入りやすい状態なり肌荒れの原因だからです。


また、Vラインはカミソリで剃ると痒くなります。
チクチク生えてくるととても痒いですし、
パンツが擦れる場所ということもありとても痒い思いをします。



<脱毛法その5、電気シェーバー>


Vラインの自己処理では電気シェーバーがおすすめです。
特に剛毛、毛深いVラインにはおすすめです。


角質層を痛めることがないのでおすすめです。


脱毛サロンでも自己処理は電気シェーバーを推奨してます。
カミソリほどではありませんが、
若干角質層が傷ついていることがありますので、
アフターケアは必ず行った方がいいです。


クリームや乳液などで保湿も重要です。



<脱毛法その6、ヒートカッター>


Vラインの長さを整えるのは
ハサミでされる方が多いと思います。

ハサミで切った断面がとがっていて、チクチクしたり、
下着からチクチクの毛が突き出てくることもあります。

特に剛毛だと余計チクチクします。


そこで


おすすめなのがヒートカッターです。


ヒートカッターは焼き切るので断面が滑らかになり、
チクチクしなくなります。


ヒートカッターは熱で焼き切るものですので、
安全性の高いヒートカッターを選ぶようにしましょう。

あまり知られていないような激安のものは避けましょう。


<Vラインの脱毛 まとめ>


Vラインは脱毛がおすすめです。


Vラインは特に毛がはみ出ることがとても恥ずかしいです。


よく海水浴やプールで水着になるときに毛がはみ出る
という恥ずかしい体験をする人が多いようです。


しっかりサイドを処理したつもりでも中央のほうの長い毛が
数本Vラインのほうにはみ出てきたり、チクチクと
水着から毛が出てきたりというトラブルがあります。


下着姿になる場合も同様にはみ出てくる場合があります。


脱毛することによって自己処理で黒ずんできたり、
肌が荒れてくる心配から解放されます。


また


そのような状態になっている方は脱毛することによって
自己処理する頻度がだんだんと減っていくことで
黒ずみや肌荒れが改善されていきます。


⇒家庭で手軽に簡単にできる脱毛器がこちらです!





















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
Vライン 脱毛 ブログトップ